センター試験当日にやるべきことは?




 

さぁ、いよいよセンター試験当日がやってまいりました。

泣いても笑っても、今日明日でセンター試験は終わります!

 

最後の最後まで気を抜かず、テストまで万全な状態にもっていきましょう!

 

 

〈その1:いつも通り起きる〉

これ非常に大事です。

最後に勉強しようと思って、朝いつもより早く起きる人がいますが、それはマイナスです。

大事なのは起きた時じゃなく、テストの時間です。テストの勉強が目的になってはいけません。目的はテスト本番です。

なんのために、【センター試験前日までにやるべきことは?】のその1で睡眠リズムを一定にしてきたのでしょうか。この本番のためです。

普段、[起きる→準備する→勉強する]という時間の流れを一定にしたのは、当日、テストの時間に最も高いパフォーマンスを発揮できる状態にもっていくためです。

そして体に覚えさせるために、これまで睡眠リズムを一定にして調整してきました。そのリズムを最後の日も守りましょう。

直前に大事なのは、新しいことをせず。いつも通りにすることです。

 

 

〈その2:計算問題と英文を読んで頭を起こす〉

 

これも基本的にはいつも通りって感じですね。

朝どうしても頭が働かないですよね。でもこのままはまずい。起こさないといけません。頭がぼーっとしてる時に、パフォーマンスが落ちやすく、しかも点数が落ちやすいのは、計算力と英文を読むスピードなのです。

これらが能力として一過性に落ちやすく一気に点数も落ちてしまいます。

なのでこの二つだけはとにかく短い時間でスピードつけてやりましょう。頭を起こしましょう。 

 

 

〈その3:テスト前は確認ノートと例の紙を見て一気に気合いをいれる〉

いよいよ、会場についてテストへの最後の準備をする時がきました。

気持ちはドキドキ。これまでやった努力が実るのか、力発揮できるのか。途中分からない問題で止まったらどうしよう。

そんな想いはどんどんでてきます。

でも大丈夫。みんな同じです。あなたは、そういう想いが出てしまうほど頑張ってきたんです。そんな自分を受け入れてあげましょう。

でもこれが過度すぎると本番に影響しちゃいます。パニックになりやすくなります。なので、この時間は何かして、気を紛らわしましょう。

何をするか。
まずあなただけのオリジナルノート。確認ノートで最後チェックしましょう。これは誰のものでもない、自分だけの復習ノートです。この時のために作ってきたわけです。

しっかり最後の最後まで頼りましょう。あとは、例の紙ですね。分からない人は【センター試験前日にやるべきことは?】を見てみてください。

この紙に書かれている言葉を見て、奮い立たせましょう。 

 

 

〈その4:テストが終われば静かに次のテストを待つ〉

テストが始まりましたね!しっか。力を出し切りましょう。

さて一科目終わりました。

はい!!忘れる!!
もう次のテストに向けて、また気持ちの準備をしていきましょう。

どう考えても、後悔しても、もう何も変わりません。

変えることができるのはこれからのテストです。もう終わったテストのことは考えない。友達とも話さない。自分との戦いです。

フィギュアスケートに似てますよね。残りのテストもやりきるだけです。

え?「さっきのテストの点数から次のテストでどのくらい解いたらいいか考えれるから友達とも答え合わせしたい」? いやいや、じゃぁさっきのテストが満点だったら、次のテストは少し気を抜いてもいいんですか?

え?

「気持ち的に次のテストを楽な気持ちで受けれるから、やっぱだいたいの点数や、どのくらいできたかとかは知りたい」? 受験ってのはそういう少し気が抜けたところを突かれて、取り返しのつかないミスをしてしまうんですよ。

だから医学部を目指す人の中には模試全国3位の人が三浪もしていたりするんです。

本番に弱いらしいんですよ。

そんなチマチマテクニック的なことしなくていいです。

もう全力で全科目ぶつかってください!!!

それに対して結果がついてきてくれます。センター試験はそんな甘いもんじゃないです。

でも皆さんなら大丈夫!

二日間。ヘトヘトになって帰ってきてください。

結果はどうなるか分かりませんが、全力でやった結果ならいいじゃないですか。その結果をもとにまた歩き出せばいいのです!

まずはセンター試験、やってやりましょう!! 行ってこい!!!

 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です