隣の人の書く音が気になって集中できません。どうしたら良いですか?




 

隣の人の書く音が気になって集中できない?

これ

よくありますよね。

私もありました。隣の人の音ってやたら気になるんですよねー。

 

せっかく集中してるのに、音に邪魔されて…

一度気になると、もうそれからはドツボにハマるだけ。

なかなか抜け出せません。

 

模試とかなら良いですが

 

それが、受験本番だったら…

 

今のうちに対策を立てておきましょう。

 

でもその前に

音が気になるのは、

本当に音がうるさいからなのでしょうか?

 

 

【音が気になる】は二つのパターンがある

 

実は、音が気になってしまうことには、二つのパターンがあります。

 

①:何か原因で集中がすでに切れてしまっているから、隣の音が気になる。

②:隣の音がとにかく大きいから、気になって集中が切れてしまう

①は、自分の集中が切れるのは音のせいだと思い込んでいるパターンです。実は、すでに集中が切れてしまっていた。だから、音も気になるようになった、という感じです。

 

となると、対策としてはなぜ集中が切れてしまったのか、原因を突き止めないといけません。お腹がへったのか、眠いのか。もう何時間も勉強して疲れているのか。テストの間の休憩方法が悪いのか。

②は本当に音が大きくて、気になってしまう場合ですね。これは自分でない人がやってしまうことなので、それをやめさせることはできません。

なので自分だけを守りましょう。

対策は二つあります。

 

 

音に慣れる!フードコートを利用せよ!

フードコートは本当に勉強しやすい場所だなと思います。

お腹空いたらご飯食べたらいいし、喉乾いたら水飲めばいいし。適度な空調と、適度なガヤガヤ感。

ここで、音楽を聴きながら勉強するのではなく、イヤホンフリーで勉強することで、人の音やものの音に慣れることができます。

まあトレーニングです。とにかく。

 

 

音をシャットダウンせよ!使える手は使え!

 

どうしても試験中、音が気になるようなら、もう物理的に抵抗するしかないです!

君の手は一本しかないのですか!?ほら!もう一本あるじゃないですか!!

そう。書いているときに、使ってない側の手で耳を塞ぐんです!

肘をつくと楽になりますよ。

あとは、文を読むときにペンを持つ必要はないです!となると、両手が使える!両肘をついて、耳を塞ぎ音をシャットダウンしながら読みましょう!

このようにして、使える自分の体は全部使う!最後の手段はこれです!笑

 

意外と効果アリなのです。

自分の得意なポーズを見つけてみましょう♩

 

 

集中が切れることを単に音のせいにしない!

 

何より大事なのは、

集中が切れてるから、音がきになるのか

音がうるさいから集中が切れるのか

それを混同しないことです。

 

これを混同してたら、全く見当違いな対策になってしまうので、毎回どっちなのかを吟味して、そのときそのときで対応しましょう。

 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です