【数学】数学重要問題集




応用力をつけるためには?

★「参考書図解の使い方と見方」がわからない方はこちらからご覧ください

★今回紹介する教材の全体図です

 

 

応用力をつけるためには二つのアプローチが必要です。一つは応用問題パターンと解法をじっくり分析し習得する勉強です。応用問題は基本問題の組み合わせでできています。したがって、当然ですが、応用問題にもパターンがあります。即ち、応用問題の問題学習ですね。

もう一つは応用問題を解く場数を踏む学習です。応用問題を勉強する段階では、模擬試験や入試問題で点をとることをより強く意識しなければなりません。点をとるためには、知識だけでは不十分です。実際にテストでは、様々な要素が関わってきます。時間配分や緊張感、スピード、想定外の出来事など。こうしたプレッシャーの中でスラスラ解かなければなりません。そのためには、問題を見た瞬間にある程度アウトプットできる力が必須です。つまり、場数をたくさん踏んで、応用問題を解くのに慣れる必要があります。

前者の応用問題の問題学習に適した教材は以前こちらの記事で紹介しました。

 

そして今回ご紹介する教材は後者である場数を踏む学習に最適な問題集。数学重要問題集です。

 

応用問題のパターンはある程度習得し、模擬試験でも見たことある問題が多くなってきた。でもなぜかテストで点がとれない。もっと応用問題でトレーニングしたい人におすすめの教材です。

 

 

 

問題数、難易度、解説も全てバランスがとれた教材

分類は応用型問題集(場数用)です。

 

 

特徴は二つ。

一つは、問題数が多いにも関わらず解説が詳しい点です。一般的に問題数と解説の量は反比例する傾向にあります。問題が多い上に解説が多いと、教材自体が分厚くなり、分厚い教材は売れないからです。なので、問題を多くし解説を少なくするか、問題を少なくし解説を多くするかのどちらかをとり、本自体の厚さをコントロールしています。ですが、本書は例外で、十分な問題数を扱いつつ、解説も比較的豊富で、かといって分厚すぎないバランスのとれた問題集です。

 

 

また応用問題としてスタンダードな問題が厳選されている点も魅力的です。応用問題集は数多くありますが、扱っている問題は本当にバラバラです。難しすぎる問題ばかり集めている教材もあれば、簡単すぎて応用問題とは言えないような教材もあります。ですが、本書はその点も非常にバランスがとれているのです。難易度は国公立二次試験レベル。もちろんあまり聞かない大学の問題もあれば、東京大学、京都大学、大阪大学などの有名大学の入試問題も含まれています。ただし、どれも難易度と頻出度を考慮された良問ばかりです。したがって、本書をスラスラ解けるようになれば、入試問題を解く力は十分ついたと言えます。

 

 

この二つの特徴により、応用問題の場数を多く踏み、十分な応用力を身につけることができました。模擬試験でも見た瞬間に解法が浮かぶ問題が多く、点も安定してとれるようになりました。この時点である程度の大学入試には通用する力がついたかと思います。ただし、難関国公立大学や医学部を目指す場合はもう少しレベルアップが必要です。

 

 

そこでさらなる高みを目指す人にぜひおすすめしたい教材が「大学への数学1対1対応の演習」です。難関国公立大学、医学部を目指す方は必ずやってほしい教材の一つです。次回はこの教材についてお話しましょう。

 

 

では🐧










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です