【国語】望月光の古文教室 古典文法編




古文は本当に暗記が全て?

★「参考書図解の使い方と見方」がわからない方はこちらからご覧ください

★今回紹介する教材の全体図です

 

 

「古文はもう暗記ダァ!!文法!すべてあんきぁぃー!!」と投げやりになっている人?いますよね。

そうです。あなたです。でもそう思うのも仕方ありません。学校で古文の勉強を始めて、やったことはなんですか?

文法ですね。しかも活用を全て覚えるという暗記です。おそらくあなたは「くーからくーかりしーきーかるけれかれ」などと暗号のように何度も呟き、小テストをなんとか乗り越える毎日を過ごしていることでしょう。

 

 

それは辛い。辛いですよね。わかります。

ところがぁぁああああ!!!!

もう心配ありません。この本が暗記地獄に陥っているあなたをお助けします。こちらです。

 

 

古文が苦手と感じている人、古文に嫌気がさしている人、古文なんて一生使わねーし適当でいいだろって思っちゃってる人にぜひ使って欲しい教材です。もちろん古文はある程度暗記は必要な科目です。ただあくまで言語です。むやみに暗記しても全く意味ないんですね。必要なことを必要な形で頭に入れなければなりません。その基本をとことん優しく教えてくれるのが本書なのです。

さて詳細を紹介していきましょう。

 

 

親しみやすい形で必要最低限の内容を優しく説明してくれる教材

分類は理解型参考書です。

 

 

特徴は二つ。

一つは「理解すべき、覚えるべき基本のポイントが絞られわかりやすく解説してある」点です。古文は大事な科目ではありますが、他の科目と比較するとやはり手薄になりがちです。しかも現代語の知識で微妙に読めてしまうところも相まって、大雑把な勉強となってしまいます。

でも、そのような曖昧な知識だとほぼ100%引っかかってしまうような問題が入試では出るんですね。古文にも当然ですが、必要な知識、理解すべき内容というものが存在します。ただ、他の科目よりもその量は少ないです。なので、そうした最低限理解しておくべき内容や覚えるべき知識を抑えることができれば、古文は飛躍的に勉強しやすくなり、それ以降も力を伸ばしやすくなります。土台が大事なんです。

 

 

その土台作りの代表として文法がありますが。文法がまた曲者で。活用形などは暗号のようにブツブツ呟き覚えることがなぜか慣習になっています。もちろん覚え方の手段としては良いのですが、あくまで手段であり、その前に、なぜ必要なのか、むしろどこが最も大切なのかなどポイントを把握せず覚えていることが問題なのです。

それを解決するのが本書です。本書はそれぞれの項目において理解すべき点、覚えるべき点を絞り、最低限押さえておきたいポイントをわかりやすく解説してくれています。これを知らずに覚えるのと、知ってて覚えるのでは全く異なります。文法はあくまで読むためのもの。特に古文は文法問題よりも文章問題の方が配点率としては大きいです。なので、読むためにもしっかり理解した上で文法を学習する必要があります。

 

 

もう一つは「現代語にも共通する点を利用してより親しみやすい形で解説している」点です。何言っても古文は昔の「日本語」です。なので、現代語でも共通する点が多くあるんですね。現代語でも昔の言葉の名残が残っているわけです。そこを上手に利用し古文を親しみやすい形で解説してくれているのも本書の特徴です。これは古文を苦手にしている人にとっては非常に助かりますね。

ちなみに古文の基本を勉強するのにおすすめな教材でスタディサプリがあるのですが。

なんとスタディサプリと内容が非常に似ているのです!なので、本書を参考書としてスタディサプリの古文動画を見ると、とても理解しやすく、一気に古文の文法を克服することができます!ぜひ試してみてくださいね!

 

 

古文文法ももう少し深めよう

以上の特徴を備えた教材により、古文の文法で抑えるべき点を理解し知識として定着させることができました。ただ、本書は基本中の基本です。なので、基本を理解した上で古文文法をもう少しステップアップしたいところです。

 

 

そこで次にぜひおすすめしたい教材が「マドンナ古文」です。

 

 

この本は内容は非常に良いのですが、少し応用形なんですね。初心者向けと紹介されているサイトもありますが、最初に使うのはハードルが高いです。ただ、望月光の古文教室を終えた方なら、レベルアップに適した教材と言えます。

実践に入る前にマドンナ古文でもうワンステップ、レベルを上げていきましょう。

では🐧










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です