【国語】マドンナ古文




解くための文法と読むための文法

★「参考書図解の使い方と見方」がわからない方はこちらからご覧ください

★今回紹介する教材の全体図です

 

さて、今回も古文の文法教材を紹介します。前回の投稿では、「文法を丸暗記ではなく、できる限り理解をした上で暗記する負担を軽減するための教材」を紹介しました。

 

 

この本で最低限の古文文法の知識はついたかと思います。

そして、「よし!いざ古文の文章を読むぞ!」と意気込んで読んでみますが

うまく読めません。あれだけ文法の知識を頭に入れたのに。文法問題もいくらか学校でもt解けるようになったのに。読めない。読解できない。そして困り果て、原因がわからず、闇雲に憶測の中で読もうとしますが。結局読めず、諦めかけてしまいます。

そりゃ文章が読めなければ、何もできないですもんね。諦めかけるのもわかります。

 

 

ただ、そこには明確な理由が存在し、しかも克服できる課題なのです。そのためのパートナーとなる教材が今回ご紹介するマドンナ古文です。

 

 

さて原因はなんでしょうか。それはこれまで学んだ文法が問題を解くための文法知識だった点です。つまり読むための文法知識ではなかった。そのため文法の知識があっても文章を読解できなかったのです。もちろん解くための文法知識と読むための文法知識は共通する点も多いです。しかも、前者は基礎中の基礎知識なので、読むための文法を学ぶためには必要条件です。なので学習する順番自体は間違えていません。読むための文法は基礎文法知識の次に学習すべき内容です。

実際、マドンナ古文は大学受験超基礎シリーズに分類されているので、初学者が手に取りやすい教材ですが、全く知識のない状態で使用するとおそらく、理解が不十分となり逆効果となる可能性が高いです。なので、まずは文法としての最低限必要な知識を勉強してから、本書を使用し、すでに持っている知識を読むための知識にレベルアップさせましょう。この使う順番がまずはポイントですね。

 

 

学生に優しい特徴を備えた参考書

分類は理解型参考書です。

 

 

特徴は二つ。

一つは冒頭でも述べたように「解くためでなく、読むための文法知識を学習できる」点です。これは英語も同じことが言えます。英語も文法だけをただ勉強しても長文は読めません。英語にも解くための文法、読むための文法がありますし、さらに言うと、書くための文法もあります。このように受験勉強範囲で考えると、文法というのは、いくつか種類に分けることができ、それぞれについて丁寧に勉強する必要があります。古文も同様。本書は古文文法の基礎知識をある程度勉強した人が「読むための文法」を学習するのに適した教材なのです。

 

 

もう一つは「テーマ毎に必要な知識を優先順位をつけて丁寧に解説している」点です。よくある文法書は重要度に沿って優先順位がついているわけでなく、テーマ毎に関連した文法を全て同レベルに解説されています。

もちろん大学生や古典を専攻している人にとってはどれも大事な知識かもしれませんが、あくまで学生レベルで考えると、古文にそこまで時間をかけることはできません(もちろん古文が大好きな人はとことん時間をかけても全然良いと思います)。

 

 

なので、古文こそ優先順位をつけて効率よく学習する必要があります。その点を本書もしっかりカバーしてあります。そもそも本書の「はじめに」の部分では「古文に時間はかけれないですよね」とあります。本書はそのスタンスで構成されているのにも関わらず解説も丁寧なのです。ということは、そうした優先順位を考えて必要な知識を丁寧に解説してくれている非常に学生に優しい教材と言えるのです。

 

 

文章の読み方と問題の解き方を本格的に学ぶには…

さて、本書によって、読むための文法知識を習得することができ、大まかには文章を読めるようになりました。やっと解くための文法と読むための文法の知識をインプットできたので、次はいよいよ文章の本格的な読み方や問題の解き方の原則を学びたいところです。そこでオススメしたいのが、「岡本梨奈の1冊読むだけで古文の読み方&解き方が面白いほど身につく本」です。

 

 

著者は、あのスタディサプリで大人気の講師、岡本梨奈先生です。以前、古文文法でご紹介した「望月光の古文教室 古典文法編」の教材と併用して使うと効果絶大ですよと紹介した先生です。そんな岡本先生の本なので、教材の質はもちろんですが、何より今このタイミングで勉強するのにもってこいの内容なのです。なぜなら……

おっと今回はここまでとしておきましょう。続きは次回に!

では🐧










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です