【英語】入門英文解釈の技術70




英文解釈の教材の難易度は要注意!

★「参考書図解の使い方と見方」がわからない方はこちらからご覧ください

★今回紹介する教材の全体図です

 

前回の「英文読解入門 基本はここだ!」で、英文法の勉強方法について簡単にお話しました(まだご覧になっていない方はぜひ先に参照ください)。

 

 

英文法は三種類に分けることができ、「英文読解入門 基本はここだ!」はその中でも「読むための英文法=英文解釈」を勉強する際に初めに使ってほしい教材として紹介しました。

この本の特徴は、何も考えず読めるほど簡単な一文を取り上げ、これでもかというくらい詳しく文法や文構造を解説してくれている点でした。英文解釈の勉強を始めたばかりなのに、いきなり難しい例文で、解説されても混乱するだけです。

ここで注意しなければならないのが、「文法知識としては高校1年生レベルでもそれを用いた英文解釈は高1年以上のレベルである」という点です。それほど、英文解釈は難易度の高い分野なんですね。教材に「高校1年生レベルです」と書いてあっても、英文解釈であればもう少しレベルが高いので注意が必要です。

そして今回ご紹介する「入門英文解釈の技術70」はまさに上記に該当する教材です。

 

 

質の高い教材なのですが、使う順番を間違えると、理解がついていかず、混乱を生み出してしまいます。従ってペンペン先生としては「英文読解入門 基本はここだ!」で学習した後に、本書を使用することを強くお勧めします。使う順さえ間違えなければ、非常に学習効果の高い参考書です。

 

 

 

英文解釈力をつけたいなら必ずやってほしい教材

分類は理解型参考書です。

 

 

特徴はいつも通り二つ。

一つは「例文の長さと難易度がちょうど良い」という点です。

英文解釈の教材はいくつかありますが。どれも初学者にとっては「文章が長い」か「難易度が高い」のどちらかがネックとなります。確かに「英文読解入門 基本はここだ!」を終えてある程度、英文解釈の基礎知識はついていますが、まだまだ難しい文を読めるレベルではありません。なので、この段階ではやはり「難易度はそこまで高くないが、英文の長さは一文以上」という教材が適しています。その観点で評価すると本書は非常にバランスのとれた教材です。

 

 

もう一つは「70個の重要なテーマを取り上げ丁寧に解説している」点です。

ある文が読みにくい場合、その文構造にはいくつかのパターンがあります。この文法的な構造パターンを見抜くことが読み取るために重要なのですが、パターンは無限に存在します。ただ、受験レベルで考えると、頻出のパターンというものがあり、本書ではその中でもさらに重要な70のテーマを取り上げ、丁寧に解説してくれています。どの科目でも同様ですが、勉強は「優しいものから少しずつ始める」が鉄則です。従って、重箱の隅をつつくような内容や応用が含まれていない本書のような教材は、英文解釈の学び始めの人にこそ使って欲しい教材です。

 

 

 

次は難易度をあげてみよう

さて、本書により「英文解釈の基礎知識を習得し、比較的簡単な文は構造を理解しながら読み解ける」ようになりました。となると次は例文の難易度をあげたくなりますよね。

 

 

ここでお勧めしたい教材は2種類あります。

①大学受験のための英文熟考
②英文解釈の技術100

 

 

共に同じくらいの難易度で解説も豊富です。あとは、好みの問題。ぜひ立ち読みなどして、自分に合う教材を選びましょう。もちろん参考書図解では、これら2つの教材をより細かく分析して、特徴をあぶり出し、解説していきますよ!

実は、①の「大学受験のための英文熟考」はすでに過去に取り上げております。

 

 

従って、次回は本書の姉妹本である②の「英文解釈の技術100」をご紹介したいと思います。

では🐧










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です