【英語】竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本




正しく確実で簡単な単語や言い回しを習得せよ

★「参考書図解の使い方と見方」がわからない方はこちらからご覧ください

★今回紹介する教材の全体図です

 

 

さて英作文シリーズが続いておりますが…

 

 

 

再度英作文の勉強方法を振り返ってみましょう。

英作文で必ず意識しなければならない重要な点があります。「英作文は減点方式」であることです。どんなに上手な文章を書いても一つミスすれば、点がひかれるシステムです。逆に言うと、どんなに下手な文章でも間違っていなければ、点を落とすことはありません。

ではミスしないためにはどうすれば良いのでしょう。以下3つの力をつける必要があります。

①正しく確実で簡単な英文構造使う力
②正しく確実で簡単な英作文用の英文法を使う力
③正しく確実で簡単な言い回しや単語を使う力

 

①②はすでにこれまでご紹介した教材で養えたかと思います。ここからは正しい単語や言い回しをいかに多くストックできるかが勝負です。③ですね。

 

 

そこでぜひご紹介したい教材がこちらです。

 

 

本書の著者はあの竹岡広信先生です。実は竹岡先生は英作文で定評のある方なんですよ。ペンペン先生もこの本に何度も助けられました。だから自信もってご紹介できるんです。それではいきましょう!

 

 

recentlyは現在時制で使うな!

分類は理解型参考書にしておきましょう。

 

 

特徴は2つ。

1つは「正しく確実で簡単な単語や言い回しを頻出パターン毎に提示する」点です。

英作文も、問題としてよく問われる頻出パターンがあります。そのパターン毎に使える正しく確実で簡単な単語や言い回しを解説してくれるのが本書の特徴の1つです。英作文の教材には、やや難しい日本語をそのまま英語で直訳して、明らかに普段使わないであろう、レアな英単語や言い回しを紹介しているものがあります。でもそうやっていたらキリがないですよね。

大事なのは、英語で内容を伝えること。直訳することではありません。そう考えると直訳せず、簡単な単語や言い回しを使っても内容が間違っていなければOKなんです。そんな考え方の元、汎用性の高い英語を紹介してくれるのが本書なのです。いいですか。何度も言うように、とにかくミスをしなければいいのです。間違わず内容が伝わればいいんですよ

 

 

2つ目の特徴は「多くの人が勘違いしている内容を取り上げ修正してくれる」点です。ペンペン先生が英作文を添削していると、確かに単語の意味は合ってるけど、使う場面を間違っていたり、時制など英文法の使い方を誤っていたりと、様々な勘違いを見かけます。こうした勘違いは指摘されずスルーされることが多いので注意が必要です。最も厄介なのは、添削している人も勘違いしていて、修正せず○をつけてしまうことです。これではいつまでたっても、間違った思い込みを修正できません。その点本書は、多くの人がよく勘違いする内容を取り上げしっかり修正してくれます。

 

例えば「最近は/このごろ」を英訳する問題は多いですよね。皆さんはどのように英訳しますか。recentlyを思い浮かべた方。確かに間違ってはいませんが、注意が必要です。recentlyは一般的に現在時制では用いず、現在完了や過去時制の文で使用します。ちなみにthese daysも「最近は」という副詞ですね。これは逆に現在時制で用いられ現在完了形や過去時制での使用は避けた方が無難なんです(本書内容より)。

従ってペンペン先生は

「最近は」
→①現在時制:these days ②過去時制、過去完了:recently

と、英作文用のオリジナル単語帳にメモし覚えました。

このように同じ意味の単語でも使う場面が異なることや勘違いしやすい文法などをわかりやすく教えてくれる非常に親切な教材なんです。

 

 

 

あとは実践あるのみ!

さて本書により、③の力をつけることができました。これで①②③を全て習得し、ミスのない英文を書く基礎力がついたことになります。あとは実践あるのみ!

実践の中でも①②③を常に意識して、新しい発見があればメモをし、自分のものにしていきましょう。その地道な訓練が最終的に英作文力の上昇につながるのです。

 

 

そこで次にご紹介したい教材が「関正生の英作文プラチナルール」です。

 

 

また関先生に戻りますよ(笑)

関先生も竹岡先生も「直訳するな!内容を簡単な英語で伝えよ!」という共通の考え方のもと教材を作ってくれています。なので、この二人の教材を適切なタイミングで使えば、基本的には滞りなく英作文力をつけることができるのです。便利な世の中になりましたね。

次ご紹介する本は、今のタイミングで使うと抜群に力がつくので、ぜひとも使って欲しい教材です。

詳細は次回にしましょう。

では🐧










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です