【英語】ドラゴン・イングリッシュ基本英文100




ドラゴン・イングリッシュ基本英文100は上級者向け!

★「参考書図解の使い方と見方」がわからない方はこちらからご覧ください

★今回紹介する教材の全体図です

 

これまでご紹介した教材によって英作文の基礎力は十分に身についたかと思います。さらには実践形式でのトレーニングも開始しましたね。今後は過去問題の分析や、模擬試験などを通してさらに力を伸ばしていくことが大事ですが。一方で復習もしていなかなければなりません。

自分でまとめたノートや使用した教材を振り返ることになりますが、量も膨大で時間がかかります。もちろんこれらも復習しなければなりませんが、もっと短期間で重要なポイント復習できればいいなぁと思いますよね。

そんな思いに応えた教材を今回はご紹介しましょう。こちらです。

 

 

はい!竹岡先生です。前回投稿した記事の最後の方に本書について触れているので、再度掲載します。

本書はドラゴン・イングリッシュシリーズの記念すべき第一冊目なんです。この本が話題を呼び竹岡先生は一躍有名になりました。歴史もあり、内容は確かな教材であるため、ひと昔前までは初学者にも勧められることが多かったのですが。コンパクトにまとまっているため、解説が少なく初学者にとっては正直レベルが高い教材でした。

そんな中、同様の内容で解説が豊富かつ実践的な「竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本」が出版され、本書はやや端に追いやられてしまったんです。ただ、重要な内容がシンプルにまとまっている特徴から復習本として再度高い評価を得るようになりました。

つまり英作文をある程度勉強した人が短時間で重要なポイントを復習するのに適した教材なのです。だからこそ、参考書図解でもこのタイミングでご紹介することにしました。

 

ということなのです。では特徴を見ていきましょうか。

 

 

100の英文で効率良く復習し力をつけよう

分類は理解型参考書です。

 

 

特徴は二つ。

一つは「コンパクトにまとまっており短時間で復習ができる」点です。本書は重要なポイントがシンプルにまとまっており、単語帳のようにコンパクトなため短時間で終えることができます。逆に言うと、ある程度英作文力をつけた人でないと少し難しい内容とも言えます。まさに復習用の参考書ですね。本書の内容をさっと見て、全ての内容が頭に入っていることを確認できれば、相当な実力に達していると自分を評価しても良いでしょう。

 

 

二つ目は「重要な文法や構文、単語など全てを網羅した基本英文を100個用意されている」点です。たった100の英文ですよ!これだけで、非常に多くの内容を効率良く復習できます。時制はもちろん、単語の使い方、勘違いしやすい文法など。これまで数冊に渡って学んできた大切な知識を一気に復習することができます。さらには、この100個の英文を暗記できれば、なお良いです(もちろん理解した上で)。なぜなら、英作文の問題として問われやすく英語にしにくい日本語を、簡単な単語や文法を用いて表現されているからです。この英文そのものが、実力に直結すると言って良いほど良質な文なんですよ!さすが竹岡先生!!

 

 

 

今の力を維持しよう

さてさて、本書により復習も短時間でばっちり完了しました。また100の重要英文を頭に入れたことで、英作文力はさらにパワーアップ!もう怖いものなしです。あとは、トレーニングを続けるだけ!

 

 

今の力を維持するためのメンテナンスです。これ以上、難しいことをする必要はありません(最終的に目指すレベルは志望大学の入試レベルなので、過去問題から決定する必要はありますが)。むしろ残りの時間と労力は他の科目に使いましょう。受験は英作文で決まるわけじゃないですからね!

 

 

では🐧










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です