【数学】高校これでわかる数学シリーズ




授業が分かりやすくても教科書が分かりにくいと効果は半減!

 

★「参考書図解の使い方と見方」がわからない方はこちらからご覧ください

★今回紹介する教材の全体図です

 

 

前回から数学の導入期に使って欲しい理解型参考書をご紹介しております。

 

 

中学まで得意だったのになぜか高校になると苦手になる人が続出する数学。本当にもったいない。だって、中学まではできてたんですよ!つまり、あなたは数学的センスがないわけではない。単に高校数学の内容が多く、授業スピードも速いから、理解が追いつかないだけなんです。その理解の部分さえカバーできれば誰でも高校数学はできるようになります。あとは道具をどう選ぶか。そのヒントを何度かに分けてお伝えしているんです。

 

 

さて今回は二つ目の教材。「高校これでわかる数学シリーズ」です。本書は一言でいうと「教科書代わりになる教材」です。数学の先生がよくても、教科書が分かりにくければ、効果も半減しますね。復習は結局勉強道具を使ってやるのですから。道具も使いやすく分かりやすいものでないと。そこで使って欲しい教材が「高校これでわかる数学シリーズ」なんです。

 

 

 

分かりにくい教科書代わりに本書を使え!

本書ももちろん理解型参考書です。

 

 

特徴は二つ。一つは「教科書的な流れ、雰囲気で構成されている点」です。繰り返しますが良くも悪くも教科書的なんですよね。解説の内容といい、問題の取り入れ方といい。イメージとしては「高校数学の教科書を中学生向けに編集し直した」感じ。従って、高校数学の教科書よりは分かりやすく解説してありますが。だからと言って、全ての内容の解説が十分かというと、そうとも言えません。なので授業中に教科書代わりに使うのが良いですね。

 

 

もう一つは「シンプルな内容で一冊にまとまっている点」です。無駄に解説がないんです。内容が非常にシンプルです。にも関わらず数学の概念が理解できるように丁寧に解説してくれています。ただ、やっぱり教科書的なため、物足りなさは所々感じてしまう。だから「学校の授業を中心に勉強したいけど、教科書はイマイチわかりにくい」という人にオススメな教材です。そういった意味では数学を一人で勉強するのは、なんか抵抗がある文系の学生さんにご紹介したくなる本ですね。

 

 

さて、本書によって苦手になりそうだった数学をなんとか挽回することができました。セーフ!!では次にやるべきことは?

 

 

問題学習ですね。前回もお伝えしたように。そうです。青チャート!!

 

 

問題学習は概念を理解して初めて行うことができる勉強です。つまり今です!淡々とやるべきことをやっていきましょう。次回は3つ目の数学理解型参考書をご紹介しますね。

では🐧










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です