【物理】物理入門問題精講




初めて物理の問題学習をやる人はこれがオススメ!

★「参考書図解の使い方と見方」がわからない方はこちらからご覧ください

★今回紹介する教材の全体図です

 

 

これまで、物理の概要、概念を優しく理解するための教材「橋元の物理をはじめからていねいに」や、基本中の基本問題を絡めて、さらに物理の理解を深める教材「物理のエッセンス」を紹介してきました。

 

 

 

この二つの教材を終えた方は「いよいよ問題学習に突入するぞ」と意気込んでいることでしょう。

 

 

そんなあなたにオススメな教材が「物理入門問題精講」です。

 

 

この「物理問題精講シリーズ」は「入門」「基礎」「標準」があるのですが、なんとそれぞれ著者が異なるんです。中身を見てみると一目瞭然ですが。解説や構成などが全く異なるのです。これには要注意。著者が異なるということは、シリーズが同じでも、それぞれ違う教材として見なければなりません。その異なる三種類の教材の中で、初めて使う問題学習用問題集として最も適している教材が「入門問題精講」です。

 

 

物理の入試問題は意外と優しい

分類は問題学習型問題集です。

 

 

特徴はいつものように二つ。

一つは、「これだけは問題を解く上で必ず知っておいてほしい原則」を書いてくれています。物理は数学と同じ理系科目として分類されていますが、数学と比較し、覚えることはかなり少ないです。公式も複雑なものはほとんどなく、理解をしていれば、覚えなくても良いレベルです。なので、どちらかというと「抑えるべきポイント」を確実に抑えることが大切な科目です。その点、本書は問題を解く際によく使う考え方やポイントを提示してくれているので、最初の問題学習にはもってこいの教材です。

 

 

二つ目は「入門なのに入試問題を扱っている」点です。

一般的に「入門レベル」の教材だと入試問題を扱っていることはほとんどありません。数学でおなじみの「青チャート」は本書と同様に、初めての問題学習で使う教材ですが、例題に入試問題を扱っていることは少ないです。

一方物理はその点、数学と異なります。入門レベルの時点で入試問題を扱えるほど、受験科目としての物理は難易度も範囲も限定的なのです。従って早い段階から、入試問題の基本に触れることができ、それを実現している教材が本書です。物理のエッセンスである程度の問題は解く経験をしているので、おそらく本書はスムーズに学習することができるでしょう。

苦手、躓きやすい科目である物理は、いかに少しずつレベルをあげていくかが大切です。ただ受験に必要なレベルは他の主要科目(数学や英語)と比較すると、意外と優しめです。なので、本書は初めての問題学習には非常に適した教材と言えます。

 

 

以上の特徴から本書を通して

・物理の問題を解く上で最低限知るべき知識、原則を習得でき点をとれるようになる
・入試問題の基礎を学習でき、入試問題のレベルを知れる

の二つを習得することが可能なのです。

 

 

さらにレベルを上げて、確実に得点を稼げる科目にしよう

さて、本書で問題学習のスタートを無事切ることができました。

といっても、本書を通して入試問題の問題学習をある程度行えたため、だいぶ前進したことになります。この段階でも、模擬試験などではおそらく良い点がとれるのではないでしょうか。

 

 

ではさらに、レベルをあげていきましょう。次にオススメしたい教材は、「名門の森シリーズ」です。

 

これは、「物理のエッセンス」と兄弟関係にある教材です。中身や解説を見ると、物理のエッセンスの中でも見たことがあるような、構成、書き方、キャラクターが登場してきます。従って、一度物理のエッセンスを使ったことがある人にとっては、考え方も共通しているため、非常に使いやすいかと思います。また、入試問題のレベルもちょうどよく「入門問題精講」よりも難易度は上がりますが、東京大学や京都大学、東北大学のような難易度が高すぎる問題は扱っておりません。

いわゆる「良問」です。この本を終えるころには、かなりの力がついていることでしょう。それほど完成度の高い教材です。詳細は次回にしましょう。

では🐧










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です