【英語】世界一わかりやすい英文法の授業




英文法が苦手になる原因とは?

★「参考書図解の使い方と見方」がわからない方はこちらからご覧ください

★今回紹介する教材の全体図です

 

 

英文法が苦手になる大きな原因は二つあります。

一つは、問題集の多くが一問一答のように解説が少なく、暗記を強要しているような作りになっているからです。特に学校から渡される英文法の問題集は顕著で、勉強しても理解が進まない上に、毎週その問題集から小テストが出されるため、理解できなくても暗記せざるを得なく、文法は暗記科目であるという思い込みに繋がり、苦手になってしまうのです。

もう一つは、英文法の中でも特に理解しにくい分野を十分に理解できないまま先に進んでしまうという点です。例えば、完了形、仮定法、関係代名詞など。皆さん一度はどこかで躓いた経験があるかと思います。むしろ、社会人になってもまだ十分に理解できていないかもしれません。なぜこのようなことが起きるのでしょうか。理解しにくい複雑な分野があることは仕方ありません。学問なのでそれは避けられないこと。問題はその分野を理解重点に解説されている教材や授業が少なく、「こういうものだ」「公式のように覚える」という手抜きの解説が多いことです。

これじゃいつまでたっても、理解できず放置になってしまいます。

そんな中。ついに現れました。多くの学生が躓き、理解できず放置しがちな分野をピンポイントで取り上げ、優しく丁寧に解説してくれる教材。欲しかった。待っていた。待望の教材!それが!!!

「世界一わかりやすい英文法の授業」です。

 

 

とことん「優しい解説で英文法を理解する」に特化した教材

分類はもちろん理解型参考書。

 

 

そして特徴はいつものように二つですね。

一つは「問題はなく取り上げたテーマの十分な理解を目的とした優しい解説」です。理解型参考書は誰になんと言われようと「問題がないこと」が大事。参考書と問題集を一緒にしてはなりません。理解型参考書はとにかく理解するための教材。もちろん理解を助ける例として問題を引き合いに出すなら良いですが、「理解しているか力試しの問題」というのは、ただのスペース稼ぎです。それは問題集の役目。参考書の役目ではありません。無駄に問題があることで、理解に必要な解説量が減ってしまいます。問題を提示するくらいなら解説してくれ。

ちょっと興奮してしまいましたが、その点、本書は文法関連の本なのに一切問題がありません。英文法の教材では非常に珍しいですね。貴重な参考書です。さらに解説もわかりやすい!

あの「スタディサプリ」でお馴染みの関先生ですよ。わかりやすいにきまってるでしょ!そんな関先生が、「多くの人が躓きやすいテーマのみを取り上げて解説してくれている」のです。素晴らしいですよね。

 

 

いいですか!!誰もが理解できるような基本的な内容をこまかーく、ネチネチと例外中の例外をも紹介するような解説なんていらないんです。英語科の大学院生じゃないんですから。あくまで受験レベルでの十分な理解が必要。それなら、ある程度は自分たちでもできますし、学校の授業でも理解できます。ただ、毎年のように多くの学生が躓いてしまう分野がどうしてもあるんです。そこにピンポイントで集中して優しく丁寧に解説してほしい。学校の授業でもわかりにくく、市販の参考書でも理解しにくいテーマに多くの学生は困っています。そんな彼ら彼女らの救世主こそ、「世界一わかりやすい英文法の授業」です。完了形、仮定法、関係代名詞など。ほんと聞くだけで嫌になるような分野ですね。これらを取り上げて優しく丁寧に解説してくれるのです。これほど親切で痒いところに届く教材が他にありますか?(一応ありますが、本書が最も優しく解説してくれているでしょう)。

(また熱くなってしまった・・・)こんな特徴があるんですね。なので、ちょっと前後しちゃいますが…「だいたいの英文法を勉強したけど、所々理解できず、放ったらかしにしてしまい、結局苦手意識をもってしまった方」にぜひオススメしたい教材です。

 

 

本書を使うことで、躓いていた分野を英語の本質から理解することができるのです。これは別の見方をすると、躓きやすい分野は表面上の学習では通用しないということです。丸暗記と理解に大きな差がうまれるテーマなわけですね。

 

 

 

英文法も勉強する順番を間違えなければ苦手にならない

さて、本書を用いて英文法の難関もクリアしました。ここでやっと「英文法の理論を理解した」と言えます。そして次に必要なのは?

 

 

そうです。概念を理解した後は、理解した内容がどのような問題として出題されるか問題パターンを分析する問題学習にやっと進むことができるのです。ここで初めて問題集を使います。

基本的に勉強というのは、「概念の理解」→「問題分析」の順で行います。いきなり問題の勉強を行うと必ずどこかで穴があいたり、躓いたりします。もちろん学校や科目によって学ぶ順は異なると思いますが、なぜか英文法は全国共通でいきなり問題集を渡され、翌週から小テストが始まります。完全にやってはいけない学習パターンです。「概念の十分な理解」の前に問題を解き、しかも小テストという逃れることのできない状況に追い込まれるので、生徒は暗記せざるを得ず、「英文法は暗記物」という勘違いが生まれ、苦手意識につながるのです。

違います。英文法も他の科目と同様です。まずは概念の理解からです。これがなければ問題に手をつけてはなりません。本書はこのように「英文法は暗記じゃないんだ」と訴える代表的な教材でもあります。ぜひとも、すでに英文法に苦手意識をもってしまった人にこそ使って欲しいです。

さて。またまた熱くなってしまいましたが…

次のステップである問題学習に適した教材は、やはり関先生の教材、「英文法のポラリス」です。比較的新しい教材で、これもまた英文法界に革命を起こしたんじゃないかと言えるほどの素晴らしい英文法問題集です。

 

 

早く紹介したくてうずうずしますが。次回にとっておきましょう。

では🐧










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です